スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

個展 FACE OF ANOTHER  

金子 潤氏の個展が開催されるとの事。

彼の世界観に巻き込まれたい方は是非!!

uuuuuuuuu_convert_20091028162637.jpg

BLACKlab.2
JUN KANEKO展
FACE OF ANOTHER

@ NATTYDREAD 福島 http://www.nattydread.net
2009.11/1(SUN)-11/8(SUN)
OPEN 12:00-CLOSE20:00


今回の個展は「他人の顔/安部公房 1924-1993」という小説からインスピーレション
を受け描いた新作100人強の顔を中心に展示します。
その隠れ家をイメージした空間から主人公「包帯の男」の狂気と悲しみを感じて貰えれば幸いです


・他人の顔STORY・
液体空気の爆発で受けた顔一面の蛭のようなケロイド瘢痕によって自分の顔を喪
失してまった男・・・。
その日から他人の目を気にしながら包帯姿での生活が始まる。
そんな日々に耐えかねた男は、他人の顔を自らの手で仮面に仕立て身につけることにより二重の生
活を送るようになる。始めは計画通りであった彼の生活だが次第に自己を失い崩
壊していく・・・・。

・プロフィール・
JUN KANEKO 1976-
拘束された顔や身体、切り取られた目や唇、鳥かごやシャーレに閉じ込められた
作品達…。一見すると死を感じる彼の作品には、そうした悲愴感は一切なく、
むしろ温かくいきいきとした生のエネルギーを感じることができる。
時間と水から成る黒を使い、自ら作ったルールと計算された偶然性から生まれた
不自由な作品は、見るものの感性に限りない自由を与えてくれる。
そしてその広がりこそが彼の続ける実験の成果と言えるだろう。

-SHINGANIST-bookより-
金子潤 Jun Kaneko / 彼が好む、朽ちた植物、風化していく鉄や建造物と同じように、彼の作品で見られる、水にゆっくりと溶けていった黒は、時間と共に美しさや重厚さを増すアンティークのような魅力をはらんでいる。そこにネガティブで退廃的な空気は感じられない。彼の作品からは時間と共にゆっくり何かを生み出そうとするポジティブで創造的な空気を感じるだろう。故DJ KLOCKとのコラボレーションや代官山Saloonで開催されているパーティ420Tourのフライヤーをレギュラーで手がける等音楽シーンとの関わりも深い。 www.junkaneko.jp


-Makoto Moriyama- 420TOUR×ART/MOKMAL SOUND
junさんの絵と出会ったのは2007年
代官山uniceでの展示
目の前にはひとつとして同一な造形ではないhandが並べられていた
非日常的な空間にいた自分は即時に魅き込まれる
それは手なのか?生き物なのか?物体なのか?
その中のどれとも異なる答えと疑問を抱いたまま
僕はjunさんの絵をずっと使わせてもらっています。


(BLACKlab.FLOWER)
bloom
(BLACKlab.1 photo)
KEN HONDA
(SHINGANIST SF PHOTO)
DERIN
(THANKS TO)
RAS CORDUROY/I-TRIBE
MIKI KANEKO
DROPS
SHUKU

1F NATTYDREADのショーウィンドウにて会津WOODBRAINによる960965フレームを公開します。
金子潤の為に制作してくれた特殊仕様です。 http://woodbrain965.blogspot.com/

SHINGANIST-BOOKの販売も致します。
特典ポスターの他、今回のみの特典[KUCHIVIRU]クッションブローチ付き。

mizo
スポンサーサイト
[ 2009/10/28 16:40 ] 未分類 | トラックバック(-) | コメント(-)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。